仕事と介護の両立コラム

  • TOP
  • >  仕事と介護の両立コラム

介護に関する情報を確認しておくことの有効性

2018.08.13
介護に関する情報を確認しておくことの有効性

夏季休暇を利用し介護の情報を集めたり、家族の想いや希望を確認しておくことの有効性を解説いたします。 突然はじまる介護 家族の介護や看護は、親やきょうだい・子どもなど、家族の誰かが何らかの病気や障害を患うことから始まります…

詳細はこちら

介護をしている人の年代

2018.07.24
介護をしている人の年代

調査結果を基に、仕事と介護の両立支援において年代別に変化があることを解説いたします。 働く介護者にも変化がある 平成30年7月に、総務省統計局より平成29年就業構造基本調査結果が公表されました。 この就業構造基本調査は、…

詳細はこちら

介護保険制度と自己負担の見直し

2018.07.11
介護保険制度と自己負担の見直し

介護保険制度における2018年8月からの負担割合の改正や、介護サービスを活用する上での介護者の経済的負担について解説いたします。 要介護者の増加 世界でも類を見ない長高齢化社会となっている我が国において、病気や障害を理由…

詳細はこちら

経営者から両立支援についてメッセージを発信することの有効性

2018.07.03
経営者から両立支援についてメッセージを発信することの有効性

企業のトップから、自社の仕事と介護の両立支援についてメッセージを発信されることの有効性を解説いたします。 共に考え、共に取り組む 2018年4月に、日本経済団体連合会より、仕事と介護の両立支援および介護離職防止への取組み…

詳細はこちら

各企業の仕事と介護の両立支援への取り組み方

2018.06.12
各企業の仕事と介護の両立支援への取り組み方

企業における仕事と介護の両立支援へ取り組み方について、各企業の独自性の大切さと有効性について解説いたします。 超高齢化社会の抱える課題 2025年に団塊の世代と呼ばれる方々が75歳以上のいわゆる後期高齢者になることが予想…

詳細はこちら

安心して介護できる環境の提供

2018.06.01
安心して介護できる環境の提供

社員が安心して仕事と介護の両立に取り組める職場づくりについて解説いたします。 社員の実態やニーズの把握 現在、超高齢化社会を目前に控えた我が国において、何らかの介護や支援を必要とする要介護高齢者への対策として、各企業内に…

詳細はこちら

介護離職しない、させない

2018.05.31
介護離職しない、させない

2018年5月21日(月)経団連ホールにてシンポジウム「仕事と介護の両立支援の一層の充実に向けて」を実施いたしました。参加者全員に経団連のまとめた報告書の冊子『仕事と介護の両立支援の一層の充実に向けて~企業における「トモ…

詳細はこちら

従業員が介護を主体的に捉えることの重要性

2018.05.15
従業員が介護を主体的に捉えることの重要性

企業内における仕事と介護の両立を考える際に、自社の従業員が介護を他人ごとではなく自身にも起こり得る「自分ごと」と捉えることの重要性について説明いたします。 増え続ける要介護者と減少する介護の担い手 日本は、今、急速な少子…

詳細はこちら

仕事と介護の両立支援と従業員の年齢層

2018.05.06
仕事と介護の両立支援と従業員の年齢層

我が国における家族介護の担い手の変化を解説し、両立支援を考える際に自社の従業員の中でも重要となる年齢層について説明します。 増える要介護者 我が国において、少子高齢化が社会現象となっていることは日々メディアでも取り上げら…

詳細はこちら

働く介護者が自分の時間を確保することの重要性

2018.04.09
働く介護者が自分の時間を確保することの重要性

介護者支援において、介護者が介護を離れ自分の時間を求めること、自分の時間を確保することの重要性を解説いたします。 忙しい働く介護者の日常 家族の介護は、家族の誰かが何らかの病気や障害を患い、日常的な介護や看護が必要になっ…

詳細はこちら

TOPへ戻る