TOP > 仕事と介護の両立コラム > 社内で介護者の会を開催する重要性とメリット

仕事と介護の両立コラム 社内で介護者の会を開催する重要性とメリット

2016.09.12

pixta_21016484_XL
「介護者の会」へ参加することが、いかに介護者の精神的な支えとなるかということを解説し、社内での「介護者の会」の開催が、働く介護者や他の従業員双方のメリットとなることをご紹介いたします。

介護者が精神的に求める場所

親やきょうだいなどの家族の介護を担う介護者が、介護生活においてどこにもぶつけようのない苛立ちや不安を抱えるといった声はよく聞かれます。家族といえど、身体的・精神的な病気や障害を患った家族の介護に日々追われることは、ストレスになっている場合もあるかも知れません。
多くの場合介護生活は急に始まりますが、ただ家族であるという理由で突然起こるその生活の変化に、介護者が戸惑うのも当然でしょう。病気についても、介護の諸制度についても、往々にしてわからないことや対応の一つ一つに戸惑うことも多いかと思われます。
そのようなとき、もちろん行政や医療機関など然るべき相談窓口を尋ね、病気や介護について必要な情報収集や諸手続きを行うことが大切です。ただ、基本的な知識に対しての相談以外に、自分自身に精神的に寄り添ってくれる人、介護者である自分自身の想いを感心して吐露できる場所がなく、さらに思い悩む介護者もまた多いのが現状です。諸手続きを行い制度や介護サービスを使いこなすことが、介護者の悩みすべてを解決するわけではないということです。
そこで、近年、そのような家族介護者の精神的な支えとなるべく各地で発足し、その必要性を言われているのが、当事者が主となって集まる「介護者の会」です。

当事者同士の共感がなぜ必要か

「自分と同じように家族を介護している介護者は、こんなときどうしているのだろうか。」このような疑問は、家族介護者であれば誰しも一度は考えることがあるのではないでしょうか。多くの介護者にとって、初めてとなる介護の場合は特に、すべてにおいてそれは手探りで、試行錯誤しながら、悩みながら、一つ一つ進めていきます。
「これでいいのだろうか。」という思い。常にその時の最善の選択肢を選んでいると思いながらも、心のどこかに不安を抱えやすいものです。
このようなとき、介護者を支え、さらに先へ進むために背中を押してくれるのが、同じ当事者である家族介護者の経験を踏まえた意見や賛同です。行政などの相談窓口を尋ね諸手続きを行えば各種サービスの手配などは整いますが、介護者の精神的な支えとなるとまでは、なかなか言いがたいものがあります。自分と近しい経験をしている家族介護の当事者同士だからこそ、共感できる想いがそこにはあります。そして、その共感できる想いは、他の介護者の精神的な支えとなり安心感や自信に繋がっていきます。

働く介護者のために

近年、増え続けている働きながら介護を行う働く介護者にとっても、同じくこのような当事者同士の支えあいからなる介護者の会への参加は重要です。今後、社内における社員への仕事と介護の両立支援について考えるとき、この介護者の会を社内で開催できれば、なお働く介護者である社員へのさらなる支援となり、より社内のワークライフバランスの取り組みも整備されるのではないでしょうか。
なぜなら、通常の介護者の会への参加も、働く介護者にとってみれば、その会に参加するためにさらに仕事と介護の時間の調整を余儀なくされるからです。ただでさえ時間に追われる働く介護者に、介護者の会へ参加するためのさらなる時間の捻出は、そう簡単なことではないと思われます。社内において、働く介護者への支援の一環としてこの会が開催されれば、働く介護者である社員にとって、より仕事と介護の両立を実現できる要素が増えることでしょう。

社内で開催する場合の注意点とメリット

では、ここで社内において介護者の会を開催するにあたり、いくつかの注意点をご紹介します。まず可能であれば、できるだけ会は勤務時間内に開催されることです。前述でも述べましたが、働く介護者は特に時間のやりくりに追われます。勤務時間外にこの会が開催されれば、そのための時間調整を考えなければならず、場合によっては介護している家族のサービス利用にも影響します。なるべくその点に配慮があれば、働く介護者に対しても、また要介護者である家族に対しても通常の生活のリズムを変える必要もなく親切です。
また、参加への呼びかけは、ぜひ直属の上司の方からお声掛けされるのがよいでしょう。所属する部署の中で勤務時間中に介護者の会への参加を促すということは、働きながらの介護を支援している、支援したいという従業員への想いがより伝わり、双方のまた部署内での信頼関係の構築に効果的ではないでしょうか。
さらに、会を開催する際、ぜひ働く介護者である従業員以外にも、他の今介護をされていない従業員やもしくは管理職の方々に、オブザーバー的な形で参加を促すことが、立場の違う者同士の情報や想いの共有もでき有効かと思います。働く介護者である従業員が想いの吐露に集中できるように、会の進行役(ファシリテーター)もまた当事者以外の人が担当されてみるのがいいでしょう。これらの対応は、決して働く介護者である従業員へのメリットばかりに視点を置いたものではなく、ゆくゆくは社内全体の働く介護者への支援やそのための認識の向上に良い影響をもたらすでしょう。

参照

ワーク&ケアバランス研究所
働く介護者おひとり様介護ミーティング・議事録
https://wcb-labo.com/
長崎シングル介護を考える会
「介護者の声」
「ブログ」
http://singlekaigo.jimdo.com/

サービス一覧

お気軽にお問い合わせください

03-6869-4240

メールで問い合わせる

ページの先頭へ