TOP > 仕事と介護の両立コラム > 介護は情報戦

仕事と介護の両立コラム 介護は情報戦

2016.04.09

pixta_14988678_M
介護は情報戦と言われます。なぜ、介護は情報戦なのか、情報とはどういうことなのかを解説いたします。

病気になったら何故病院に行くのですか

私は、無料体験セミナーなどで、人事部の皆さまに向けて
人によってはものすごくイラッと感じる質問を投げます。

私「病気になったらどうしますか?」
人事「病院に行きます。」
私「骨折したら何科を受診しますか?」
人事「整形外科です。」
私「なんで、知ってるんですか?」
人事「(イラッ)何でって・・それが普通というか、小さいころからの習慣というか、ですかね。」

といった感じです。

そうなのです、「病気になったら病院に行く」というのは、幼いころから生活という教育環境において
身に着いた知識、慣習です。つまりは一般的に言う「当たり前」です。
しかし、介護は違います。
介護は生活という教育を受けてきた方が少なすぎて、人生のイベント(出来事)であるにも関わらず、
始まったらどうしたらいいのかわからない、または始まったことさえ気づかない、とう状況になります。

病気は万人が病気になる可能性があるけど、決して万人が病気になるわけではありません。
介護も同じです。
介護も万人が介護を受ける可能性があり、天涯孤独の方以外は介護者になる可能性があります。
にも関わらず「介護になったら??」というのが現在の日本の状況です。

介護が始まったら、または気になったら地域包括支援センターに行こう

とうことで、介護が始まったらまたは介護が気になったら地域包括支援センターに行きましょう。
まず、これを覚えておいていただきたいです。
ただし、
介護=地域包括支援センター
だけ覚えても、これは仕事と介護の両立にはなりませんのでご注意ください。

さて、とあるWCBメンバーの体験談をお伝えいたします。
彼女のご主人は零細企業の社長です。
ある時従業員の方が急に「辞める」と言い出したそうです。
社長は理由を問い詰めたところ

「母に介護が必要になりました。私は母に迷惑をかけたので私が昼間母の面倒を見て、
兄弟が夜に母の面倒を見ることになりました。
だから、昼間は働けないので、私は夜の警備員の仕事に転職します。」

と言ったそうです。
社長は介護の知識はありません。しかしながら、妻であるWCBメンバーさんはご両親の介護を経験された方でした。
そこで社長は
「ちょっと待ってくれ。とりあえず、私の妻と話をしてみないか。」と持ち掛けました。
断る理由もないので、従業員の方はWCBメンバーである社長の奥様と面談することになりました。

その面談でメンバーさんが気づいた事は
「もしかして介護保険サービスとか使ってないの?」
ということです。

その従業員は介護保険サービスというものも知らなければ
もちろん地域包括支援センターも知りません。

病院や兄弟がなぜ彼にそういった情報を提供できなかったのかまでは
詮索しなかったようですが、後日社長が奥様に言ったそうです。

「面談のあと、すごく安心した顔をしていたよ。ありがとう。
辞めるかどうかはまだ決めかねているみたいだけど、ひとつ問題がクリアになった感じだった。」

介護経験の有無だけが情報ではない

先の従業員のように「介護の情報は知らない人は全くしらない」というのが現状です。
そして
「身内の介護は家族でなんとかする」という概念だけは何故か残っています。

「全く知らない」という状況は「疑問を持つ」という行動にも至りません。
概念がなければ行動を起こすことはできません。

先の従業員の場合は「辞める」と社長に言い出した際に、社長がその「理由」を聞いたがゆえに助かったケースです。
社長は介護の知識がなくても「介護のことを知っている人」を知っていたがゆえにその情報源につなげることができました。

つまり、介護経験の有無が決して介護の情報源になるわけではないのです。

いま、たくさんの企業人事の方が弊社の無料体験介護セミナーにお越しくださいます。

その際にお伝えしていることは
例えば小売業や飲食業などの場合、従業員様は店舗にいるパートやアルバイトの方々と多く接する機会があります。もちろのお客様もしかりです。
そういったパートやアルバイトの方が介護研修などの教育を受けていなくても、従業員様である店長や責任者が介護の糸口を知っているだけで
多くの方に「介護が始まったら地域包括支援センター」というキーワードを伝えることができます。
社内向けの介護離職防セミナーであっても、その開催意義は広く社会貢献にもつながっているということです。
社会にとっても必要なセミナーであることをお伝えさせていただいております。

このコラムを読んでくださっている皆さまもすでに介護の情報源であるという意識を持っていただければ幸いです。

人事部向け無料体験介護セミナー

定期的に人事部向けの無料体験介護セミナーを行っております。
現役介護者がリアルな現在の介護事情をお伝えいたします。
仕事と介護の両立に必要なことは
介護離職をしない、させないためには
疑問に思っていること、困っていること何でも聞いてください。
全てお応えいたします。
お申込みはこちらをクリック!

サービス一覧

お気軽にお問い合わせください

03-6869-4240

メールで問い合わせる

ページの先頭へ