介護に関する情報を確認しておくことの有効性

介護離職のない社会の創造を目指すWCB > 仕事と介護の両立コラム > 介護に関する情報を確認しておくことの有効性
2018.08.13


夏季休暇を利用し介護の情報を集めたり、家族の想いや希望を確認しておくことの有効性を解説いたします。

突然はじまる介護

家族の介護や看護は、親やきょうだい・子どもなど、家族の誰かが何らかの病気や障害を患うことから始まります。
そして、病気や障害は往々にして日常の中で突如起こり、介護や看護はそうして突然はじまることがほとんどです。
そのために、家族もまた突然家族介護者となり、働いている人は仕事をしながらの働く介護者となります。
近年、特に超高齢化社会を目前に控えた我が国において、介護への課題は福祉や医療など実際の介護の現場から、また介護者となった働く介護者の労働に関することまで多岐に広がっています。
多くの人にとって、介護が自分ごとではなくどこか他人ごとである認識が未だ根強くあることも否めません。

初動の悩みと家族としての決断

介護者の会などで多く聞かれるご意見に、突然始まった介護や看護の状況に対し、介護者となった介護者自身がまず直面した課題に、「まず最初に、何をどうしたらいいのかわからなかった。」「どこの窓口に行けば、これから始まる介護の情報をもらえるのかわからなかった。」そのようなご意見が聞かれることは珍しくありません。
また、実際に介護生活がはじまっても、次に悩まれることに多いのが、いろいろなことを介護者が主となり決めていかなければならないことです。
病気や障害などで要介護者となった家族自身の意見や気持ちもさることながら、場合によっては介護に関すること、または医療に関することを、要介護者に代わって介護者自身が選択や決断を迫られることも実際には珍しくないからです。
医療的なことに関する判断や選択、決断においては、特に要介護者本人の病状によっては家族介護者に決断を委ねられることは往々にしてあり得ます。
その場合、多くの介護者が、要介護者本人に代わって決断する、家族の代表として答えを示すということに、かなりの精神的負担を感じる方が多いというご意見が聞かれます。

情報収集と想いの確認

まず、上記のような状況を考えると、突如、家族の病気や障害を理由にはじまる介護や看護に対して、いつかは自分自身に起こり得る状況かもしれないという「介護はいつか、もしかしたら自分ごとである」との認識のもと、日頃から、介護が自身の生活の中に起こった場合を想定したイメージを持っておくことは大切です。
そして、まず初動の動きとして、ご自分の生活の中で最寄りの相談窓口はどこになるのかを確認され、情報として押さえておくこと。
行政の窓口や介護保険制度について、また日頃のかかりつけ医はどのような対応まで可能であったり、他医療機関との連携はどうなっているかなど、家族が要介護者となってから初めて確認するのではなく、普段からそのような情報を知っておくと、いざ介護がはじまったときの初動の段階でかなりスムーズなスタートができたり、同じ内容を再度確認するような場合でも理解しやすいかも知れません。
また、親など介護を必要とする要介護者が今後どのような生活や医療を望むのか、また介護者自身のきょうだいなどがいる場合は、今後どのように役割分担をしたり、同じ家族として双方でどう協力しあえるのかといった、家族それぞれの立場からの想いを確認しておくことは、介護生活をスムーズに進めていくためにも重要なポイントであると言えます。
もちろん、そこに主介護者となる家族介護者自身の想いや希望を伝えておくことも言うまでもありません。

夏季休暇を利用する

上記のようなこれからはじまるかも知れない介護の準備として、ぜひこの時期の夏季休暇の活用をお勧めします。
夏季休暇の時期は、お正月時期の休暇と違い、概ね行政機関は平常どおり窓口業務が行われています。
市役所の介護保険窓口を訪ね、お住いの市町の介護保険に関するパンフレットをもらったり、制度について大まかな説明を受けておいたり、最寄りの地域包括支援センターを訪ねて実際の介護サービスについてなど、地域の実情を確認しておくことも有効でしょう。
また、お盆のこの時期は、各家庭にもよりますが、親やきょうだいたちと家族の将来の話し、介護から看取りなどの終活について、仏事ごとについてなど、季節柄自然に話題にしやすい時期かも知れません。
介護について、医療や終活についてなど、親やきょうだい、また介護者自身の想いや希望をお互いに確認しておくことは、これからはじまるかも知れない介護生活にとって、家族のどの立場からも必要になってくることと思われます。
ぜひ、夏季休暇のこの時期に、今後必要になるかも知れない情報をいろいろな角度から確認し、介護に対して備えておきましょう。そのような介護への備えは、いつか突然介護者となったあなた自身をきっと助けてくれるはずです。

参照

(ワーク&ケアバランス研究所)
働く介護者おひとりさまミーティング議事録
http://wcb-labo.com/

仕事と介護の両立支援ハンドブック サンプルプレゼントキャンペーン!