Tel:03-6277-5456

仕事と介護の両立コラム

働く介護者とうつ病

2017.02.15

介護者の抱える介護うつについてご説明し、介護者支援における精神的な支援の重要性について解説いたします。

介護者の精神的負担

家族の突然の病気や障害をきっかけに、多くの場合ある日突然介護は始まります。仕事をしている人は、突然働く介護者となります。
オリックス・リビング(東京)が行ったアンケート調査によると、働いていない人も含め家族の介護に不安を持つ人は全体で85%に上りました。
回答の具体的な内容では、「精神的な負担」と答えた方が最も多く68%と約7割近い結果となりました。
また、厚生労働省の調査によると「介護に関してストレスがある」との回答が全体の60%を超え、特に「家族(要介護者・介護を必要とする人)の介護や病気がストレスになっている」との答えは、こちらも約7割近くに上ります。食事や排泄などの実質的な介護の課題もさることながら、このように介護の悩みに対し、「精神的な負担・不安」をあげる声が多く聞かれるのが現状です。近年、このように介護を理由に介護者がうつ状態になることを「介護うつ」と呼んでいます。

介護うつとは?

では、具体的に介護うつとはどのような状態を指すのでしょうか。
介護うつとは、実際に在宅で介護をしている人、施設介護を選択した人、働きながら介護している人、家庭の外では仕事をしていない介護専念者など、どのような介護者でも起こりうる、介護を理由にその介護者がうつ状態になる精神的な病です。
原因としては、介護者自身の健康状態がすぐれないのに介護しなければならない身体的なもの、二つ目は、介護をするために仕事を辞めたり、そのために貯金を切り崩すなど経済的なもの、三つ目は、介護が精神的な負担になっている状態のものです。
また、介護うつにかかりやすいと言われている人の特徴は、責任感が強く自責心も強い人、真面目な気質であること、周囲に相談せず、自分自身で解決しようとする傾向がある人があげられます。これらかかりやすい人の特徴にしても、症状としても、一般的なうつ病とほぼ変わりありません。
さらには、元来の気質から、自分自身では気づきにくい認識しにくい傾向があるため、企業内において、もし従業員が突然働く介護者となり、仕事と介護の両立に取り組む状況があれば、働く介護者である従業員の精神的な支援についても周囲が気にかけておかれることをお勧めします。

介護者である前に

介護者にとっても、誰にとっても、自分自身の心と身体の「居場所」があるということは大切です。
突然介護が始まったからと言って、介護者が一人の人として、社会人として、これまでに築き上げてきた自分を捨てることはそう簡単ではありません。
自分自身として、されど家族である要介護者への想いの間で、さまざまに思い悩むことかと思われます。
介護うつが懸念されるような気質であればなおさら、その精神的な不安は大きなものが感じられます。
介護者の会でしばしば上げられる話題にも、「介護者である前に、自分自身の居場所」については、よく意見が寄せられるところです。介護者の精神的な支援を考える際に、このような介護者が介護者である前に自分自身として、あるいは一社会人としての居場所を、突然抱えることとなった介護とどう兼ね合いをつけるかという想いに寄り添うことが重要となってきます。

企業としてできること

そして、介護うつを防ぐためのポイントは、まず介護者自身が介護のストレスに気づくこと、そのストレスを減らすこと。そして、誰か安心できる人に相談し、介護に関する情報収集をすることです。
上記のような介護うつにかかりやすい特徴の人は、多くがその気質からなかなか自身のストレスを自覚し、認識し、対応していこうとする動きが難しい場合が多く見受けられます。
このような場合は特に、周囲の人が第三者として冷静に判断し、適切なアドバイスで介護者自身の気づきを促すことは有効です。
また、突発的にいつ何が起こるかわからない介護生活のためにも、より多くの対応できる手段を持ち合わせることは介護者にとっても心強いことであり、それらのためにも、企業内に働きながらの介護に対する適切な相談窓口が設置されていることは、企業におけるこれからの働く介護者への支援、介護離職防止においても有効かと思われます。

参照

住まーとナビ-SMART NAVI-
介護者の4人に1人!介護うつにならないための4つの約束

介護者の4人に1人!介護うつにならないための4つの約束


オリックスリビング
(介護に関する意識調査)
http://www.orixliving.jp/
ワーク&ケアバランス研究所
働く介護者おひとり様介護ミーティング
http://wcb-labo.com/
長崎シングル介護を考える会
介護者の声
ブログ
http://singlekaigo.jimdo.com/

TOPへ戻る

Copyright© 2017 ワーク&ケアバランス研究所 All rights reserved. Google+